鵞足炎とはどんな症状?

鵞足炎(がそくえん)は膝内側からやや下の辺りに痛みが生じます。

鵞足(がそく)について

鵞足イメージ

膝の内側には、もも裏の筋肉(ハムストリング)や内転筋などの筋肉につながる腱が集中しています「縫工筋」「薄筋」「半腱様筋」の3つの腱が集まった状態を後ろ側から見ると、ガチョウの足のような形に見えるため、この部分を鵞足と呼んでいます。

強大な筋力を有するハムストリングによる牽引力が鵞足部に繰り返し加わり、膝関節の屈伸に伴う膝内側側副靭帯の前方線維と鵞足との間の摩擦が、腱の付着部や鵞即滑液包炎をきたしたものを、鵞足炎といいます。 この鵞足はスネの内側(脛骨粗面)の付近に付着するので、膝の関節というよりは、内側のやや下の辺りが痛みます。

スポーツでは、陸上競技やサッカーの選手に多く、ランニングで足を後ろに蹴り出す時や脚を減速させる時などに、過度の負荷がかかることで、鵞足と内側側副靱帯との摩擦で炎症が起こります。 また、腸脛靭帯炎と同じく、オーバーユースで引き起こります。

膝をいっぱいにまで伸ばした時に痛みが起こりやすいことや、膝の屈伸での軋轢音や腫脹がみられることもあり、階段の昇り降りに支障をきたすことが多いのが特徴です。 初期は膝を動かした時のみ痛みますが、ひどくなるとじっとしている時(安静時)にも痛みを感じるようになり、日常生活にも支障をきたします。

当院ではこのように施術を行っております

「縫工筋」「薄筋」「半腱様筋」を中心に、ハムストリングや大腿四頭筋、殿筋の筋疲労をとり血行改善をしていきます。
どの筋肉が張っているのか、どういう状態かを丁寧に触診をし、鍼の太さ長さを個別に調整して、最適な刺激量で筋疲労、硬結、炎症を抑えるように施術をします。