ジャンパー膝とはどんな症状?

好発

  • バレーボールやバスケットボールなど跳躍競技をしている選手。
  • 走る動作の多い、長距離ランナー、サッカー選手にも多くみられます。
  • 好発年齢は10代~20代中盤くらいまでが多く、30歳以上でなる方はまれと言われています。

※ジャンプ競技でも室内競技のほうがジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)になることが多いといわれています。その他の競技では走り高跳び、走り幅飛び、体操などがあります。

基礎知識

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎とは?)

まず、ジャンパー膝を理解するには、痛めている部位の膝蓋靭帯(しつがいじんたい)がどこなのかを知る必要があります。

膝蓋靭帯とはひざのお皿の下の部分になります。(お皿のすぐ上の部分も含めることがあります。)

膝蓋靭帯(しつがいじんたい)は、太ももの前の筋肉とつながっています。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

大きな太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)はひざを通り、ひざのお皿(膝蓋骨)を包むようにしてそのあと膝蓋靭帯(しつがいじんたい)となり、最後はスネの骨(脛骨)にくっつきます。

ジャンプやランニングを繰り返すことによって、太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)は疲労し、硬くなります。

太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が硬くなると膝蓋靭帯(しつがいじんたい)も上方向へ引っ張られ、お皿(膝蓋骨)の部分で摩擦が起きやすくなります。
この摩擦により、膝に痛みがでるといわれています。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)はジャンプ力の高い選手がなることが多いともいわれています。

症状

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の症状は3段階に分けられています。

1.運動のあとに、ひざのお皿の下、または上側に痛みがある。運動は可能である。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

2.運動をしてすぐは痛みがあるが、ウォーミングアップをしていると徐々に痛みが和らいでくる。運動後にまた痛みがでてくる。(痛みはあるが運動はできる状態)

3.痛みが強くスポーツに支障が生じるためできない。

4.膝蓋靭帯(しつがいじんたい)が断裂している。(歩くのみでも痛みが強い)

診断

  • ほとんどの場合、Ⅹ線(レントゲン)では異常は診られることは少ない疾患です。
  • 主な診断基準として、多くの場合がお皿の真下に痛みを訴えるため、膝蓋靭帯そのものを圧迫すると痛みを訴えます。
  • MRIでは腱の肥厚などが診られる場合があります。

膝蓋靭帯(しつがいじんたい)そのものに圧痛や運動時痛などが診られる場合、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)と診断されることが多いです。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の施術は当院が最も得意とする疾患の一つです。

多くのジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)で苦しむ選手たちを施術していました。

青葉台鍼灸マッサージルームでは、下記の施術でジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の根本施術を行います。

①太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)を緩める。

上記にも書いたように、太ももの前の筋肉が膝蓋靭帯を引っ張って痛みを起こしています。
ですから、まずは硬くなった太ももの前の筋肉を入念にほぐす必要があります。
当院では、鍼施術、スポーツマッサージ、を用いて筋肉を緩めていきます。

②膝蓋靭帯部の微細断裂の修復、深部炎症の消炎鎮痛、循環改善を目的に鍼施術、スポーツマッサージ施術

痛みを起こしている膝蓋靭帯部の修復、深部の消炎鎮痛、血液循環改善を行うために鍼施術またはスポーツマッサージをおこなっていきます。
この時にポイントとなるのが、膝蓋靭帯のどの部分を痛めているかをピンポイントで探し出すことです。細かい触診によりどの部分が痛みの根本原因化を探って施術をおこなっていきます。

廃棄をピンポイントで探し、鍼施術・スポーツマッサージをすることで効果も断然違ってきます。

土井施術院では多くのジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の施術経験があり、膝蓋靭帯の痛めている部位をピンポイントで探し出す触診力をみにつけています。

③バランスの崩れた腰~下肢のバランス調整

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)を起こしている選手は痛みをかばいながらプレーを続けていることが多く、それが原因で体のバランスを崩し、スポーツパフォーマンスが落ちてしまうこともあります。

この状態でプレーを続けていると、他の部位を痛める可能性もあるため、腰~下肢のバランス調整をおこない、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の再発を防ぎ、他の部位の怪我を防ぐ身体作りをおこなっていきます。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は、痛みがありながらプレーを続けていると、やがて腱が肥厚してきて、なかなか治りのわるい状態になってしまいます。

痛みがでてからできるだけ早く施術を開始したほうが治りも早いので、ジャンパー膝でお困りの方は、ぜひ当院の施術を受けにいらしてください。