野球肩とはどんな症状?

野球肩とはどんな症状?

野球肩は、投球動作時に肩に痛みや違和感を伴い、思うようにボールが投げられない状態で、投球を障害する肩の病変をいいます。 投球時の痛みは野球肩が代表的ですが、バレーボールのアタックやテニスのサーブなどでも同様の障害が発生し、これらも広義での野球肩、投球障害肩です。

病変として下記のようなものがあります。

  • 肩峰下滑液包炎:肩関節の拳上によって、肩峰と上腕骨の間にある肩峰下滑液包に炎症を起こす病変。
  • 腱板炎・腱板損傷:腱板とは棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋が肩の外側、肩峰に集合した部位。これらの筋肉が炎症または損傷を起こす病変。
  • 関節唇損傷:投球動作の繰り返しなどで関節内の関節唇が損傷する病変。
  • インピジメント症候群:腱板や肩峰下滑液包炎が肩の外転や外旋運動により、烏口肩峰アーチと衝突することで発症する病変。

と言ったように、とても多彩で、肩関節はとても複雑な構造をしています。

痛みの原因

肩のオーバーユースが発症の原因といわれていますが、投球動作は下肢、体幹、上肢と身体全体で生み出されるエネルギーを指からボールへ伝達する運動であるため、 フォームの破綻や技術不足によって肩に大きな負担をかけてしまいます。 このような誤使用(マルユース)も原因と考えられます。

具体的には、トップポジションでの体幹の回旋、胸椎の伸展、肩甲骨の内転運動などが不足すると、肘が肩甲平面より大きく後方へ引かれます。 この様な過角形成は投球障害肩を発症する要因になります。

また、肩自体には問題がない場合でも、前腕の回内や股関節の内旋・内転が制限されることで、トップポジションから腕を伸ばした状態、 さらにそこからフォロースルーで肩甲上腕関節に過剰な運動を強いるようになり、これもまた投球障害の原因になります。 また、過柔軟性(ルーズショルダー)も関与することがあります。投球動作の多くは、関節や筋肉の硬さが問題となることが多いですが、 反対に肩甲上腕関節の過柔軟性とともに不安定性を呈する場合があります。ルーズショルダーと呼ばれ、自覚症状は投球時の疼痛や不安感(抜けるような感覚)があります。

当院ではこのように施術を行っております

三角筋、棘上筋、棘下筋、大円筋、小円筋、肩甲下筋等、肩関節に関与している筋を的確に丁寧に触診をします。
また動きを確認しながら症状を把握し、しっかりと痛みの部位に鍼施術しながら温熱施術パルス施術、鍼をしたまま運動させる運動鍼などを組み合わせてその方に適した施術をします。